西の猫はキャンプ好き

西の猫はキャンプ好き

キャンプをこよなく愛する熊本猫。

ロンバルディア・トロフィー2017から浅田真央へ思いを馳せる。

ロンバルディア・トロフィー2017

Facebookとかみてると、フィギュアスケート

ロンバルディア・トロフィー2017」の結果が続々と流れてくる。

 

YouTubeのURLが貼られてて、暇なときにちょこっと見てみる。

 

今回女子を見てみたが、日本選手も他国の選手も、

今年シニアに上がった子たちが頑張ってるなーという印象。

でもやはり、まだまだジュニアっぽさの残る荒削りさ。

 

スピードを重視するあまり、手先の所作まで行き届かない感じ。

大人っぽさをアピールするあまり、操り人形的なぎこちない動き。

 

話題にのぼった、各国の気になる選手をちょこっと見てみたけど、

だいたい、そんな印象でした。

 

やっぱり、この衝撃にはかなわない。 

ええ、真央ちゃんがシニアデビューした16歳のSPです。


Mao Asada - 2006 SA SP +Interview (ESPN)

スケートアメリカのSP「ノクターン

 

当時、多分これ見て、各国の選手、コーチ、連盟の方々が衝撃を受けたでしょう。

私がライバル選手なら、震え上がってスケート辞めるレベルです。(笑)

 

実は真央ちゃん、1年前から先行でシニアの大会に出てました。

当時実力No.1だった、ロシアのスルツカヤ選手を破った、

あのグランプリシリーズで、一気に「浅田真央」の名前が知れ渡りましたよね。

 

その頃はまだまだ、 ジュニアっぽさの残った可愛い演出だったプログラム。

もちろん、ジュニア時代から、表現力には定評があったし、

トリプルアクセルや、3-3-3回転を飛んで話題になってましたけどね。

 

それが、1歳年をとっただけで、

こんなプログラムを滑るようになるんですもの。

 

ストーリー性のない、ふんわりとしたこの曲を、

浅田真央ワールトに引き込んで、観客を笑顔にしてしまう。

 

2:35あたりの、金髪に黄色と緑の服のおばさまなんて、

すんごいうっとりとした笑顔。(笑)

おそらく、地元のアメリカの選手を、応援しにきてるはずなのに。

ライバル選手の演技に、この笑顔ですよ。

 

まさに、天才少女。(*´∀`)

 

こんな選手、もう絶対あらわれませんよ。

スケートのスキルからして、もう違うんですもの。

重力を感じさせない、こんな滑りを天然でやられたら敵いませんって。

身につけようと思っても無理ですもん。

 

そりゃーどの世代にも、上手な選手がいるし、

若い選手たちが、試合で良い成績を収めたら、

素直に「嬉しいなー良かったなー」と思います。

 

でもね。

何もかもが規格外なんですよ、浅田真央という人は。

リンクに立つだけで、会場中が浅田真央のステージになるんです。

 

それに、トリプルアクセル飛ぶのに、優雅でエレガント

儚げなのに、高難度構成ジャンプと鬼ステップ

見た目と体力のバランスがおかしい!(笑)

 

あーやっぱりあたしゃまだ、真央ロスですわ。

今のフィギュアスケートの試合を、追いかけてまで見ようと思えない。

こんなプログラムの記憶が、まだ鮮明に残ってるんですものねー。(ΦωΦ)

 

私が過去、伊藤みどりロスから脱出したのに、10年くらいかかったから、

今回もそれくらいかかるかしら。(ΦωΦ)

 

ところで、これ好き。(笑)

youtu.be