西の猫はキャンプ好き

西の猫はキャンプ好き

キャンプをこよなく愛する熊本猫。

BC Master 193cm カメラ三脚が魅力的♪

三脚が欲しい欲しい病

動画用に使用する三脚が欲しい病が、定期的に私に襲いかかるのです。

いま、一番欲しいのがコレ。

 

BC Master 193cm カメラ三脚 4段 雲台 軽量&安定性 三脚ケース  Canon Nikon Sony 一眼レフ ビデオカメラ用

BC Master 193cm カメラ三脚 4段 雲台 軽量&安定性 三脚ケース

 

全高193cm!

この高さが魅力的!(。>∀<。)ノシ

 

お仕事で、幼稚園のお遊戯会などの撮影を頼まれるのですが、

一番後ろにカメラを設置するので、人の頭を越す高さが欲しいんです。

 

あ、ライブとかもそうですね。

お客さんのノリごと、最後尾から撮影する方が、ライブ感が増します。

 

なので私は現在、一脚の足に、ミニ三脚をくっつけたものを使用しています。

近いのは、このイメージ。

【Amazon.co.jp限定】SLIK 一脚兼簡易三脚 モノポッドスタンド 206669

【Amazon.co.jp限定】SLIK 一脚兼簡易三脚 モノポッドスタンド

 

ライブの場合は、高さ確保の他に、ライブハウスなどの大音量では

バスドラの音で、三脚がブルブル震えてしまうので、

足部分はなるべく短く地面に近い方がいい、

という理由で、このスタイルを使用してますが。

 

でも、アコースティックライブなどだと、

やっぱり普通の三脚の方が便利なんですよねー。

 

先ほどの、私が一番欲しい三脚の、もう一つの魅力。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FXYxHdgbL._SL1500_.jpg

このバリエーション!

 

カメラを真上や真下に向けると、安定感を失われて

ちょっとぶつかっただけで、ひっくり返ってしまうんですが、

これだと、その心配もなさそう。

 

キャンプムービー撮影の時の、物撮りが捗る!(笑)

 たたんだ時のコンパクトさも、魅力ですよね(*´∀`)

 

レビューを見ると、想像してたより重かった、

というようなコメントもありますが、

動画撮影の場合、少々重量があったほうがいいので、

三脚に軽さは求めていないのでOK♪

 

それよりも、移動時のデカさの方が問題です。(ΦωΦ)

全高193cmの三脚が、47cmで持ち歩けるのは、かなりアリです!

 

告知

2017年11月25日、日奈久ゆめ倉庫にて「Yoshino&Masae」のライブがあります。

行かないと損しますよ!

大事な事なので2回言います!

行かないと損しますよ!(。>∀<。)ノシ

 

詳細はこちら!

 

nishinoneko.hateblo.jp

 

広告を非表示にする